© 2006 映画「涙そうそう」- 映画作品紹介


d0068116_1335898.jpg


いつも見守り、「がんばれ」と励ましてくれる。
そんな、あなたの“一番星”は誰ですか?
――名曲「涙そうそう」から生まれた、恋より切ない愛の物語――



「涙そうそう」とは、沖縄の方言で、「涙がとめどなく流れる、ポロポロ止まらない」という意味。泣きたいときは、我慢しないで、思いっきり泣けばいい。泣くだけ泣いたら、もう一度明日に向かって歩き出そう・・・。涙に洗い流された素直な心には、希望が浮かび上がり、きっと温かく優しさに溢れる感動が沁み渡るはずです。


映画 『涙そうそう』
2006年9月30日(土) 全国東宝系ロードショー





--------------------------------------------------------------------



◎ 関連サイト

◎「涙そうそう」公式サイト
  http://www.nada-so.jp/
◎ TBSテレビ放送50周年「涙そうそうプロジェクト」
  http://www.tbs.co.jp/nadasoso/
◎ 涙そうそう 公開日:2006年9月30日
  http://www.toho.co.jp/lineup/nadasousou/welcome-j.html
◎ eo映画・ドラマ|涙そうそう
  http://eonet.jp/cinema/new/index.html
◎ TBS 映画『涙そうそう』
  http://www.tbs.co.jp/movie/nadasousou.html


◎ 関連記事

 ・2006年6月24日 インタビュー
 <『涙そうそう』長澤まさみ、妻夫木聡、撮影現場(沖縄)クランクアップ取材>

 ・2006年6月26日 クランクアップ報告
 ・2006年9月12日 完成披露試写会



d0068116_13583114.jpg

d0068116_1444460.jpg



--------------------------------------------------------------------



d0068116_1493429.jpg


沖縄に生まれ育った
“血のつながらない二人の兄弟”の小さな歴史の物語


ふたりの兄妹の恋よりも切ない愛の物語 沖縄の青い空を舞台に、兄妹の小さく大切な歴史を繊細に描き出します。 名曲「涙そうそう」から、恋よりも切ない愛の物語が誕生しました。 ふたりの兄妹、洋太郎とカオル。ともに暮らす時間は永遠ではなかったけれど、 それは笑顔に溢れ、何よりもお互いを思いやった、かけがえのない日々。 兄妹の小さな、大切な歴史を、「いま、会いにゆきます」の土井裕泰監督が、繊細な タッチで描きだします。


*


沖縄で暮らす洋太郎は、いつか、自分の飲食店をもつことが夢。沖縄の青空のように明るくおおらかな洋太郎が、だれよりも大切にしているのが妹のカオルだった。

洋太郎が8歳のころ、母の再婚によって妹となったカオルだったが、義父は姿を消し、母も亡くなってしまったことで、カオルはひとりぼっちになってしまった。
「ひとりぼっちのカオルを、どんなことがあっても守ってあげる―」
洋太郎はそう胸に誓った。

沖縄で育った2人の兄妹の、小さな歴史と大きな愛の物語。



d0068116_14373472.jpg d0068116_14375756.jpg


d0068116_14384720.jpg
d0068116_14391354.jpg
d0068116_14455494.jpg
d0068116_14461290.jpg
d0068116_14462511.jpg
d0068116_14464921.jpg


d0068116_14472266.jpg



--------------------------------------------------------------------



d0068116_1450065.jpg


いつも見守り、「がんばれ」と励ましてくれる。
そんな、あなたの“一番星”は誰ですか?
――名曲「涙そうそう」から生まれた、恋より切ない愛の物語――



◆ イントロダクション


誰からも親しまれ、愛されている名曲「涙そうそう」をモチーフに、切なくも美しい、愛の物語が誕生しました。沖縄に生まれ育った、“血のつながらないふたりの兄妹”、洋太郎とカオルの小さな歴史の物語。ともに暮らす時間は永遠ではなかったけれど、それは笑顔に溢れ、何よりもお互いを思いやった、かけがえのない日々。“兄ィニィ”がカオルにくれた、大きな人間の愛を、『いま、会いにゆきます』の土井裕泰監督が、繊細なタッチで真摯に描き出します。

いつも笑顔を絶やさない、素朴で心優しい兄・洋太郎役に、日本映画界の若手トップスター・妻夫木聡。持ち前のナチュラルな魅力とさわやかな存在感を生かし、頑張り屋で誰からも好かれる青年を演じます。妹・カオル役には『タッチ』『ラフ』と、主演作が続く逸材・長澤まさみ。兄のまっすぐな愛情を一身に受けて、すくすくと育ち、明るくけなげに生きる妹の姿を、透明感たっぷりに演じています。また、そんな兄妹を取り巻く人々を小泉今日子をはじめ、麻生久美子、塚本高史、森下愛子、中村達也、平良とみ、船越英一郎、橋爪功など、豪華俳優陣が演じるのも話題です。舞台となる沖縄の雄大な自然を背景に、涙と笑顔のかけがえのない人間ドラマが、すべての人の心へ感動を届けてくれます。

主題歌は、「涙そうそう」。BEGINが作曲した心に残るメロディに、森山良子が情感を込めた詞をのせ、98年に誕生したこの曲は、01年に夏川りみによってカバーされ、累計100万枚を超える大ヒットを記録しています。また、「涙そうそう」に寄り添うように、BEGINの「三線の花」が挿入歌として使われています。

「涙そうそう」とは、沖縄の方言で、「涙がとめどなく流れる、ポロポロ止まらない」という意味。泣きたいときは、我慢しないで、思いっきり泣けばいい。泣くだけ泣いたら、もう一度明日に向かって歩き出そう・・・。涙に洗い流された素直な心には、希望が浮かび上がり、きっと温かく優しさに溢れる感動が沁み渡るはずです。この秋、永遠に心に残り続ける新しい涙と感動が日本中を包み込みます。



d0068116_1452946.jpg

d0068116_14524456.jpg

d0068116_1453650.jpg



--------------------------------------------------------------------




◆ ストーリー


ひとりぼっちのカオルを、どんなことがあっても守ってあげる――。

2001年、沖縄。いつか自分の飲食店を出すという夢を持ち、ひたむきに生きる働き者の青年・新垣洋太郎(妻夫木聡)。今日も食材運びのバイトに精を出している。沖縄の青空のように明るく、おおらかな性格の洋太郎だが、この日はいつにも増して陽気で、仕事をしながらたえず笑顔がこぼれている。それもそのはず、洋太郎が誰よりも大切にしている妹のカオル(長澤まさみ)が、高校受験に合格し、オバァと暮らす島を離れ、本島にやって来るのだ――洋太郎が8歳の頃、母・光江(小泉今日子)の再婚によって、洋太郎の妹になったカオル。だが、義父は姿を消し、母も幼い兄妹を残して天国に旅立ってしまった。以来、洋太郎は、「カオルはひとりぼっち、どんなことがあっても守ってあげるのよ」との母の遺言を胸に生きてきたのだ――。

そして今日から、洋太郎とカオルは、洋太郎のボロアパートでふたり暮らしを始める。船着場にカオルを迎えにいく洋太郎は、久しぶりの再会を前に、どこか落ち着きがない。そんな洋太郎を見つけて、満面の笑みで手を振るカオル。無邪気に兄を慕う様子は昔のままだが、16歳になったカオルの大人びた美しさに、洋太郎は驚き、呆然とする……。

翌夏、ようやく資金が貯まり、かねてからの夢であった居酒屋の開店に漕ぎ着けた喜びも束の間、洋太郎は詐欺に遭い、多額の借金を背負ってしまう。そして訪れた、医学生の恋人・恵子(麻生久美子)との別れ。やがてカオルは大学合格を機に、兄の部屋を出て行き自立することを告げる。

互いを想いやる感情を隠して会おうとはしないふたり。それから1年半後、ある台風の夜にふたりは再会を果たす。しかし、その時、ふたりっきりの兄妹の小さな歴史が、その短い終わりを告げようとしていた……。



d0068116_14552529.jpg


d0068116_14561380.jpg


d0068116_14564080.jpg


d0068116_1457617.jpg




--------------------------------------------------------------------



◆ キャスト

 妻夫木聡 長澤まさみ
 麻生久美子 塚本高史
 中村達也 平良とみ
 森下愛子 大森南朋
 船越英一郎 (友情出演)
 橋爪 功 / 小泉今日子

 妻夫木聡------新垣洋太郎役
 長澤まさみ------新垣カオル役
 麻生久美子------稲嶺恵子役
 塚本高史------島袋勇一役
 中村達也------金城昭嘉役
 平良とみ------新垣ミト役
 森下愛子------みどり役
 大森南朋------岡本役
 船越英一郎------亀岡役
 橋爪功------稲嶺義郎役
 小泉今日子------新垣光江役



◆ スタッフ

 監督:土井裕泰
 製作:八木康夫
 脚本:吉田紀子
 音楽:千住明
 主題歌:「涙そうそう」夏川りみ(ビクタ-エンタテインメント)
 プロデューサー:濱名一哉 那須田淳 進藤淳一



◆ 製作情報
  クレジット


 上映時間:1時間58分
 ビスタサイズ/ドルビーデジタル

 製作:「涙そうそう」製作委員会
 (TBS/アミューズ/東宝/ホリプロ/TBS R&C/MBS)
 製作協力:フイルムフェイス

 (c)2006 映画「涙そうそう」製作委員会



◆ 特報・予告

 特報1: ブロードバンド(512K)
 特報2: ブロードバンド(512K)
 特報3: ブロードバンド(512K)
 予告: ブロードバンド(512K)



◆ 公式サイト
  http://www.nada-so.jp/



2006年9月30日
東宝系全国公開




--------------------------------------------------------------------




涙そうそう

作詞:森山良子
作曲:BEGIN
唄: 夏川りみ


古いアルバムめくり ありがとうってつぶやいた
いつもいつも胸の中 励ましてくれる人よ
晴れ渡る日も 雨の日も 浮かぶあの笑顔
想い出遠くあせても
おもかげ探して よみがえる日は 涙そうそう

一番星に祈る それが私のくせになり
夕暮れに見上げる空 心いっぱいあなた探す
悲しみにも 喜びにも おもうあの笑顔
あなたの場所から私が
見えたら きっといつか 会えると信じ 生きてゆく

晴れ渡る日も 雨の日も 浮かぶあの笑顔
想い出遠くあせても
さみしくて 恋しくて 君への想い 涙そうそう
会いたくて 会いたくて 君への想い 涙そうそう

 
*  


翻著古老的相片簿
對著總是總是在心中鼓勵著我的人
囁囁著謝謝兩個字
晴空翊爽也好 大雨滂沱也罷
那時時刻刻浮現的笑容
即使回憶已遠離褪色
我依然追尋絲絲影跡
當他甦醒時總讓我 淚光閃閃

對著第一顆升起的星星祈禱 已經變成我的習慣
在黃昏時仰望的天空裡 滿心尋找你的蹤跡
悲傷落淚也好 歡喜雀躍也罷
你的笑容總會浮上心頭
我相信從你所在的地方看得到我
也相信我們總有重逢的一天而活著

晴空翊爽也好 大雨滂沱也罷
那時時刻刻浮現的笑容 即使回憶已遠離褪色
如此孤單 如此眷戀 對你的思念讓我 淚光閃閃
想見你一面 想見你一面 對你的思念讓我 淚光閃閃



夏川りみ 『涙そうそう』

[PR]
Commented by 小君 at 2006-09-26 00:37 x


你介紹的這部電影
雖然全部都是日文
不太懂內容是什麼(看模= =)

但是
感覺好棒喔
又配上這首歌
很有feelㄟ~嘻

所以我再這一篇留言給你~^^

我會常來的!!
我幾乎每天都來的呢~ㄏ
只是沒有每天都留言
因為我很懶ㄟ><..(真是sorry.小君很懶.原諒我T^T.我會改進低!!)
呵~

我有網誌.無名的
可是呢...我的都是寫一些心情的東西而已ㄟ
沒有什麼好東西ㄟ><!!
而且..內容都很...情緒= =

so如果不介意.我再貼給你吧~嘻


我是高雄人.我也在高雄讀書^^
澪讀哪裡呢??

我是讀一個種芭樂出名的地方的學校(知道嗎~呵)

先這樣嚕..
下次再聊嚕^^

Commented by miotsu at 2006-09-27 18:26
小君:
抱歉,我原本一直找不到中文簡介,所以才PO日版的,後來找到了...= =+
我個人覺得這部片會很感人,是那種看完絕對會掉眼淚的超級催淚片...
而且啊,澪非常非常喜歡夏川里美唱的『涙そうそう』(淚光閃閃)這首歌喔!每次聽都會很想哭呢...

很高興小君有常來,沒有常留言我可以理解,畢竟我也是那種很懶的人,所以不要緊的,偶爾留個言就會很開心了...XDDD

小君如果想給網誌的話,澪會去看的。
心情的文章很好啊,BLOG的最初用途本來就是這個。
澪不會介意,小君要是也不介意讓我去看的話...XDDD

我是新竹人,目前在高雄楠梓。
高雄第一科技大學 妳聽過嗎?
不是應用科大喔!很多人都會搞錯。

種芭樂出名的地方??不曉得耶......
其實澪跟高雄很不熟...........XDDDDDDD

再聊喔。*^^*
Commented by miotsu at 2006-09-27 18:27
CAST:妻夫木聡、長澤まさみ、 麻生久美子 塚本高史 中村達也 平良とみ 森下愛子 船越英一郎(友情出演)橋爪 功 / 小泉今日子

主題歌:「涙そうそう」夏川りみ(ビクタ-エンタテインメント)

日本公映日期:2006年9月30日

簡介
該片以創作男歌手森山直太朗的歌手母親森山良子作詞的日本大熱歌曲《淚光閃閃》為藍本,講述飾演兄長的妻夫木聰為開餐館努力工作,而飾演妹妹的長澤正美則因高中考試合格,往投靠住在冲繩的哥哥,兩人因日夕相對而產生微妙感情,但哥哥最後卻因病在25歲時不幸逝世。《淚光閃閃》一曲是森山良子為悼念死去的哥哥而作,在日本賣出超過一百萬張的銷量。

在現實生活中,只有一位兄長的妻夫木聰表示,自小希望可以成為别人的哥哥,所以對飾演今次的角色感到非常高興。長澤正美則謂與妻夫木聰首次合作,正期待電影開拍。而制作人稱妻夫木聰乃當今演出最令人期待的年輕藝人, 長澤正美於《在世界中心呼喚愛》中的演出,亦令人留下深刻印象,所以决定起用二人合演新片。
Commented by bananamango at 2006-09-28 00:01 x
mio~ 我很喜歡妻夫木聰的呢! 很期待這部戲啊 ^^
Commented by miotsu at 2006-09-28 02:26
bananamango:
挖,妳好像是第一次留言耶,要好好紀念一下。XD
我也很喜歡小聰喔!!他真的是位很有實力的演員。
我也期待著這部戲,我們一起期待吧~~~~!!!

抱一個。 >//////////<
Commented by 小君我~ㄏ at 2006-10-12 04:17 x
我找到這則了~哇哈哈哈


說真的

覺得

你真的還漫"感性"低ㄟ!!..((今天上課教到的東西~呵= =

很容易融入
然後被感動


呵呵..謝謝澪不介意
沒辦法..有時候整各就很沒動力

可是澪你發文的次數還漫多低ㄟ
而且你也都好快就回應大家喔!!

所以我不覺的你懶
反而覺得你很勤快ㄟ~哇哈哈哈哈哈

其實我門的學校還漫近低ㄟ~ㄏ
我知道第一科大
畢竟我也是道地的高雄人押~口合= V=

外縣市的當然比較不熟嘍.所以沒關係低^^
像我門班也有新竹來的喔~呵

感謝澪還貼上中文的翻譯
太感恩嚕>~<!!!

至於網誌.改天有機會再貼給你巴~哇哈(要挑個好時機~ㄏ)
可是最近我不常去寫網誌了ㄟ
因為
像現在小君還苦命在畫圖ㄟ
埃埃~整各就是很歹命><

可是更重點的是

畫不下去了= =

所以來給澪留言~哇哈哈哈哈哈哈(我在逃避中= =")
Commented by miotsu at 2006-10-12 16:31
小君:
感覺妳整個就是很忙,課業壓力不小吧?
加油加油!!其實課業還是該擺在第一。
(完全沒資格講這句話的澪...= =)

其實,我寫的觀後感之類的文,都是有感而發。
如果真的沒有感覺的話,想寫也寫不出來的...
大家都說我根本就是整天泡在自己的網誌裡,
想想好像真的是這樣..........................= =+

我們班都是北部人居多,台北桃園新竹台中的很多...
明年畢業後回新竹,以後要再來高雄的機會應該不大吧...
找工作啦生活之類的,我可能都還是會以北部為主。

網誌改天有空再給我吧,沒關係,忙完了再說。
這之後應該又要過一段時間才會再看到妳了吧...XD

加油喔!!

偶爾逃避放鬆一下心情沒什麼不好。*^^*
Commented by 小君我 at 2006-11-13 17:41 x
網誌熱呼呼的送上來嚕~嘻

好像醜媳婦見公婆的感覺喔><
很不好意思 (羞)
裡面都是一些五四三的><
獻醜嚕>~<





明年就畢業嚕押
好快喔
我還要唸好幾年ㄟ~埃


ㄟ~對嚕..澪..你是研究生了
對嗎?...(忘記有沒有問過= =a")


其實我常常再逃避~花哈= =
Commented by miotsu at 2006-11-16 01:29
小君:
呵,我還以為妳忘記要給我了呢。
撲,謝謝妳喔,介意我放入連結區嗎?
我會慢慢看的,不用害羞,哈哈哈。。。

妳還要念好幾年?是剛考上四技嗎?
我不是研究生,我是四技生,明年畢業。

逃避。。。我想我能理解。
因為我也是啊,我想或許我們兩個的心情很像呢。

(笑)
Commented by 小君我 at 2006-11-21 01:43 x
哇哈哈哈

怎麼可能忘記呢~嘻
不介意押~哇哈
可是我想改英文名字(Jun)~會可以嗎?

還是澪可以告訴我
"君"的日文要怎麼翻呢?


嘻嘻..整各就很害羞>//<
我今年大二了
還算是各小菜鳥巴~哇哈哈
(整各就很不像大學生ㄟ><)

可是感覺還是要唸好幾年ㄟ><
埃~想到就累了= =
Commented by miotsu at 2006-11-21 14:13
小君:
OK啊...我馬上幫妳改成Jun...:P

君的日文,有兩種念法:きみ(KIMI) & くん(KUN)
きみ(KIMI)主要是對女性的稱呼,くん(KUN)則是對男性的稱呼。
中文翻譯,一般翻成某某君,或直接翻成"你"。
君的日文唸法,きみ(KIMI)是訓読,くん(KUN)是音読。

原來小君大二啊,那不算菜鳥算學姊了呢...^^
我才是整個不像大四生...就說我其實是新生嘛...

大學四年,轉眼一瞬就過去了。
希望妳能好好珍惜接下來的時光。
學生是幸福的,真的。
(還沒畢業已經開始感歎的老人一枚...)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by miotsu | 2006-09-25 14:54 | 日本映画 | Comments(11)

11年x365日=4015日。2個人從相遇到現在11年。已經一起度過了大約4000天。山P和斗真之間無比堅固的牽絆。


by みお.mio.澪.橘小都